旅行準備の時にチェックしたい記事>>
USJ攻略

USJの『ハリウッドドリームザライド』はどんなアトラクション?怖い?

USJの『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』はどんなアトラクション?怖い? USJ攻略
この記事は約6分で読めます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに入場する前から見える急降下するコースター、聞こえる絶叫。

「USJに来た!」という感じにさせてくれますよね。

あのアトラクションの正体が『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』です。

USJの中でも特に人気が高く、春休みや夏休みなど学生さんが多く来場する期間には長い待ち時間が発生することでも有名です。

今回はそんなハリウッド・ドリーム・ザ・ライドについて、その詳細や特徴について紹介します。

これを見たらきっとあなたもハリウッド・ドリーム・ザ・ライドに乗りたくなる!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドとは

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドは通称『ハリドリ』と呼ばれる、USJにあるジェットコースターのアトラクションです。

アトラクション名ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
エリアハリウッド・エリア
アトラクションタイプライド
身長制限あり。132cm以上
エクスプレスパス利用

USJのパーク内をライドに乗って疾走する本格的なジェットコースターですが、主な特徴は以下の通りです。

ハリドリの特徴

  • 揺れの少ない究極のコースター
  • スリルを追求した究極のコース
  • 興奮を生むこだわり抜いた細部
  • 音楽とシンクロする爽快感

揺れの少ない究極のコースター

ハリドリはジェットコースターによくあるコースを走っている時の乱暴な振動や、『ガタガタ音』を徹底的に排除したつくりになっています。

実際に乗るとよくわかりますが、コースのカーブや上下の動き以外の不快な揺れをほとんど感じることなくアトラクションに集中することができます。

意識して乗るとよりわかる部分なので、余裕がある人はぜひこの特徴も味わってみてください。

スリルを追求した究極のコース

ハリドリのコースはスリル満点!

コースは特徴ある動きが連続して訪れ、あっという間にゴールしてしまうような感覚です。

コースの特徴
  • 最高到達点43mからのファーストドロップ
  • アクロバットな動きをするホースシュー
  • ラクダの背中のようなコブが浮遊感を生むキャメルバック
  • コースに押し付けられるような二重らせんのダブルヘリックス

それぞれの特徴がわかりやすいコースターになっているので「ここがキャメルバックか」のように乗りながらどの部分を走っているか理解できると思います。

興奮を生むこだわり抜いた細部

ライドも細部までこだわって造られています。

足元は足がライドに触れない設計になっているので、乗車中に空を飛んでいるような浮遊感をより強く感じることができます。

また背もたれ部分も大きく作られていて包み込まれるような感覚になっており、隣の人の動きも気にならずアトラクションに集中できます。

音楽とシンクロする爽快感

ハリドリの大きな特徴は、全5曲の音楽からゲストひとりひとりが好きな音楽を選んで乗車中に聴くことができる点です。

音楽のリズムとともに走ることでより爽快感を味わったり、音楽に集中することで恐怖もやわらいだりします。

期間限定楽曲では、キャラクターが登場し一緒にライドに乗っているような感覚を味わえたりと様々な楽しみ方ができるようになっています。

ハリドリで現在再生できる曲

ハリドリで再生できる曲
  • 大阪LOVER ~special edition for USJ~/DREAMS COME TRUE
  • FESTA/NiziU
  • 名探偵コナンのテーマ ~緋色のカーチェイス~
  • Happily/One Direction
  • Shake it off/Taylor Swift

※2021年7月現在

※赤文字は期間限定楽曲

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~とは

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~
画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
アトラクション名ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~
エリアハリウッド・エリア
アトラクションタイプライド
身長制限あり。132cm以上
エクスプレスパス利用

『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~(バックドロップ)』はもともと期間限定のアトラクションとして2013年に登場しました。

限定期間中に大好評だったこともあり、現在は常設のアトラクションとして稼働しています。

バックドロップの特徴

バックドロップはハリドリの特徴はそのままに、コースターが後ろ向きで走るという点が最大の特徴です。

後ろ向きに走ることで、どんな動きをするか予測がつかずハリドリに乗り慣れた人でもまったく違うコースターに乗っているような感覚が味わえます。

バックドロップで現在再生できる曲

バックドロップで再生できる曲
  • 大阪LOVER ~special edition for USJ~/DREAMS COME TRUE
  • FESTA/NiziU
  • Happily/One Direction
  • Shake it off/Taylor Swift
  • Happy/Pharrell Williams

※2021年7月現在

ハリドリの注意点

ハリドリの注意点
  • 荷物の持ち込み不可
  • 悪天候で休止の可能性
  • バックドロップの方が待ち時間が長くなりがち

荷物の持ち込み不可

ハリドリではポケットの中も含め荷物を持って乗車することができません。

アトラクション前のロッカーに預けるか、乗車場所にある荷物置き場にすべての荷物を預ける必要があります。

悪天候で休止の可能性

ハリドリは屋外アトラクションのため、天候の影響で休止する場合があります。

ハリドリは特に風の影響を受けやすく、強風の時には休止の可能性が高いでしょう。

バックドロップの方が待ち時間が長くなりがち

ハリドリとバックドロップは同じコースを走行しますが、ライドの数が異なります。

ハリドリ3台、バックドロップ1台の合計4台のライドになっているためバックドロップの方がゲストの回転は遅く待ち時間が長くなりがちです。

ハリドリとバックドロップどちらが怖い?

これは意見が分かれるところです。

ジェットコースターとしての怖さは、どちらも正直怖いです。

ハリドリは落下時やキャメルバックなどでの浮遊感を感じやすく、正面から風を受けるため爽快感があります。

一方バックドロップは先の見えない恐怖を味わうことができますが、浮遊感や風を受ける感じはハリドリより弱めです。(個人の感想です)

またバックドロップは落下時など視線が上向きになるので空を眺めている時間が長く、空に吸われてしまうような感覚も感じるので高所恐怖症の私はバックドロップの方が怖く感じます。

怖いと感じるポイントが人によって異なるので、それぞれのおすすめポイントや怖いポイントを確認して比べてみると面白いですよ。

ハリドリに確実に乗車する方法

エクスプレス・パス

ハリドリはUSJの中でも待ち時間が長くなりやすいアトラクションです。

週末は60分以上の待ち時間になることが普通くらい。

閉園時間前には受付を終了してしまうことも少なくありません。

せっかくハリドリ乗車を目当てに来ても、待ち疲れてしまったり受付終了で乗れなかったら残念ですよね。

待ち時間を短縮してたくさんのアトラクションを楽しみたい人はエクスプレス・パスの購入を検討してはいかがでしょうか。

エクスプレス・パスはアトラクションの待ち時間を短縮してくれるパスです。

60分以上の待ち時間があるアトラクションでもエクスプレス・パスを利用すれば10~20分程度の待ち時間で乗車できることも珍しくありません。

エクスプレス・パスについては別の記事で詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

USJ屈指の人気ジェットコースターのハリドリ。

絶叫マシン好きなら一度は乗りたいアトラクションです。

一日に何回も乗る人もいるくらい癖になるジェットコースターは爽快感を味わいたい人にはおすすめ!

それではパークで楽しい時間をお過ごしください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おのへいをフォローする
いーとりっぷ
タイトルとURLをコピーしました