旅行準備の時にチェックしたい記事>>
USJ攻略

USJで恐竜をメインに楽しめる場所やグッズ販売場所はどこ?

USJで恐竜をメインに楽しめる場所やグッズ販売場所はどこ? USJ攻略
この記事は約7分で読めます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに登場するキャラクターの中でも、男の子に特に人気が高い恐竜たち。

USJの20周年イベントのメインキャラクターのひとつにもなっている恐竜。

パーク内でも恐竜をモチーフにしたグッズやフードの販売、また恐竜がテーマのアトラクションなど大活躍です。

今回は恐竜好きの人のために、USJで恐竜を満喫できる場所を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

恐竜がUSJに登場したのはいつから?

ジュラシック・パーク

恐竜をテーマにしたエリア『ジュラシック・パーク』はUSJの開業当初からあるエリアのひとつです。

USJには当初から恐竜が登場しており、現在までずっとパークで活躍しているキャラクターたちのひとつになっています。

恐竜とグリーティングできる場所

USJでは実は恐竜とグリーティングをすることができます。

ショー『マイ・フレンド・ダイナソー』

赤ちゃん恐竜

グリーティング専門の施設はありませんが、時間指定で実施されているショー『マイ・フレンド・ダイナソー』では恐竜とのグリーティングを楽しむことができます。

ガイドのクルーさんと一緒に草食恐竜・肉食恐竜・赤ちゃん恐竜が登場して一緒に写真を撮ることができます。

草食恐竜は大人しくゆったりした動きですが、とても大きいです。

肉食恐竜はやんちゃで動きも早いですが、食べられたりすることはないので安心してください。

マイ・フレンド・ダイナソーで会うことができる恐竜の種類は以下の通りです。

  • 草食恐竜・・・トリケラトプス
  • 肉食恐竜・・・ラプトル
  • 赤ちゃん恐竜・・・トリケラトプス

マイ・フレンド・ダイナソーの実施時間はショースケジュールに記載されていて、USJで行われているショーの中でも開催回数が多い部類に入ります。

時間を合わせてエリアに遊びに行ってみてください。

恐竜がテーマのアトラクション施設

恐竜がテーマになっているアトラクションはパーク内に2つ。

『ジュラシック・パーク・ザ・ライド』と『ザ・フライング・ダイナソー』です。

ジュラシック・パーク・ザ・ライド

ジュラシック・パーク・ザ・ライド

ジュラシック・パーク・ザ・ライドは25人乗りのボート型のライドに乗り込み、太古の恐竜たちと出会うことができるアトラクションです。

前半は恐竜たちの生活する様子をゆったりと眺めながらボートが進んでいきますが、途中からボートはコースを外れ凶暴な肉食恐竜たちのところへ。

最後にはT-レックスが登場し、ライドは25.9m下まで一気に急下降する絶叫マシンです。

パークに登場する恐竜の中でもメインともいえるT-レックスが襲ってくる迫力ある演出だけでなく、大人しい恐竜たちの様子を見ることもできるので恐竜好きにはたまらないアトラクションになっています。

ジュラシック・パーク・ザ・ライドに登場する恐竜たちは以下の通り。

草食恐竜

  • ウルトラサウルス
  • プシッタコサウルス
  • ステゴサウルス
  • パラサウロロフス

肉食恐竜

  • コンプソグナトゥス
  • ヴェロキラプトル
  • ディロフォサウルス
  • T-レックス

本来のボートコースではハドロサウルスの入り江に向かうはずが、コースを外れてしまうためハドロサウルスという恐竜は名前のみ登場します。

アトラクション名ジュラシック・パーク・ザ・ライド
エリアジュラシック・パーク
アトラクションタイプライド
身長制限あり。122cm以上、付き添いあり107cm以上
エクスプレスパス利用

ジュラシック・パーク・ザ・ライドに乗車中に写真撮影があり、撮影された写真は『ジュラシック・パーク・ザ・ライド・フォト』で購入することが可能です。

※ジュラシック・パーク・ザ・ライド・フォトは休止中

ザ・フライング・ダイナソー

ザ・フライング・ダイナソー

ザ・フライング・ダイナソーは2016年にジュラシック・パークに誕生したジェットコースタータイプのアトラクションです。

このザ・フライング・ダイナソーは、プテラノドンに背中を掴まれて全身むき出しで飛び回るというジェットコースターになっており、全身が地面を向いたうつぶせの状態で走るコースターです。

こちらのコースターはジェットコースターとしての色が強いため、ジュラシック・パーク・ザ・ライドのように恐竜が登場するなどのテーマ要素は薄いです。

恐竜好きよりもジェットコースター好きにオススメのアトラクションになっています。

アトラクション名ザ・フライング・ダイナソー
エリアジュラシック・パーク
アトラクションタイプライド
身長制限あり。132cm以上、198cm未満
エクスプレスパス利用

ザ・フライング・ダイナソー乗車中にも写真撮影があり『フライング・ダイナソー・フォト』でプテラノドンのオリジナルフレームに入った写真購入が可能です。

※フライング・ダイナソー・フォトは休止中

恐竜グッズを買えるショップ

恐竜グッズをメインで探したいならジュラシック・パークエリアにある専門店で決まり。

このショップにしか販売していないグッズがたくさんありますよ。

ジュラシック・アウトフィッターズ

ジュラシック・アウトフィッターズ

ショップ入口のT-レックスをはじめとして店内にも恐竜の装飾がいっぱい!

恐竜好きならこのショップは見逃せません。

ジュラシック・パークに登場する恐竜たちのフィギュアやぬいぐるみ、カチューシャやお土産フードまで、探している恐竜グッズがあるならここのショップを見るべきです。

店内には捕まえられた肉食恐竜を見ることができたり、骨格標本や照明にまで恐竜が施されていますので細かいところまでぜひチェックしてみてくださいね。

そのほか多数の取り扱いショップがある

カリフォルニア・コンフェクショナリー

恐竜(T-レックス)はパーク20周年イベントのメインキャラクターのひとりです。

そのため20周年グッズを専門に使っているミニオンパーク横の『サンフランシスコ・キャンディーズ』などでもグッズ購入が可能です。

またジュラシック・アウトフィッターズ以外のキャラクターショップで20周年グッズを販売しているショップでも一部購入可能です。

そのほかにもパークエントランス付近の『カリフォルニア・コンフェクショナリー』や『ユニバーサル・スタジオ・ストア』でも恐竜グッズは取り扱っています。

恐竜をテーマにしたレストラン&フード

ジュラシック・パークはエリア全体に恐竜が溢れていますが、レストランやフードも多くが恐竜モチーフになっています。

恐竜がテーマのレストラン

ディスカバリー・レストラン

ディスカバリー・レストラン

ディスカバリー・レストランはジュラシック・パークに2つあるレストランのうちのひとつです。

映画『ジュラシック・パーク』に登場するビジターセンターをイメージした店内ではT-レックスの骨格標本が印象的です。

フードはローストビーフ丼などのDONBRIセットがメインです。

恐竜をテーマにしたデザートとして『ヴォルケーノ・ケーキ ~ベリー&ドラゴンフルーツソース~』と『ダイナソーの卵 ~マンゴープリン~』が販売されています。

デザートメニュー

ロストワールド・レストラン

ロストワールド・レストラン

ロストワールド・レストランはジュラシック・パークにあるディスカバリー・レストランと並ぶもうひとつのレストランです。

しかし、オープンしている日はあまり多くありません。

現在はディスカバリー・レストランと営業日を交互にしてオープンしていますので、入りやすい今がチャンス!

ロストワールド・レストランの窓際席はグリーティングの恐竜たちの通り道になっているので、運が良ければ窓ガラス越しに恐竜たちに会えることもあります。

ラプトル

フードメニューはバーベキュービーフサンド・プレートなどのサンドメニューが主になっています。

恐竜をテーマにしたデザートの『ヴォルケーノ・ケーキ ~ベリー&ドラゴンフルーツソース~』と『ダイナソーの卵 ~マンゴープリン~』はロストワールド・レストランでも食べることが可能です。

恐竜がテーマのフード

ジュラシック・チュリトス~ココア~ 600円

ジュラシック・チュリトス~ココア~

ディスカバリー・レストラン横にあるフードワゴンではジュラシック・チュリトスを販売しています。

パーク内でジュラシック・チュリトスを買うことができるのはこのワゴンだけ。

ココア味のチュリトスの先端にはジュラシック・パークのプレート、持ち手にはT-レックスがデザインされています。

まとめ:USJで恐竜は大活躍

今回はUSJで恐竜たちを満喫できる場所を紹介しました。

ジュラシック・パークエリアは人気のアトラクションが揃っていることもあり、人が多いエリアのひとつですが、レストランやフードカートは比較的空いていることも多いです。

ディスカバリー・レストランは期間限定のイベント時にはイベントレストランに変わってしまうこともありますので、レストランを目当てにする場合には事前に情報をチェックすると良いでしょう。

ジュラシック・パークエリアでは映画で実際に使われた道具など展示品も見ていて楽しめるスポットがたくさんありますので、行ったときには細かいところまでチェックしてみてくださいね。

それではパークで楽しい時間をお過ごしください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おのへいをフォローする
いーとりっぷ
タイトルとURLをコピーしました