旅行準備の時にチェックしたい記事>>
USJ攻略

【USJ】パーク内持ち込みのルール。食べ物や飲み物は持ち込める?

【USJ】パーク内持ち込みのルール。食べ物や飲み物は持ち込める? USJ攻略
この記事は約5分で読めます。

ユニバーサルスタジオジャパンに限らず、テーマパークでは飲食物の持ち込みは禁止しているところが多いですよね。

夏の暑い日の水分補給や小さいお子様のおやつなど、自宅から持っていきたいというケースも結構ありますが、USJでの持ち込みルールはどうなっているのでしょうか。

せっかく前もって準備したにも関わらず持ち込みができなかった、という悲しい結果にならないように飲食物の持ち込みルールは事前にしっかりと確認しておきましょう。

今回の記事ではUSJパーク内への飲食物持ち込みルールを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

USJの飲食物持ち込みルール

アイス持ち込みのミニオン

USJではパーク内への飲食物持ち込みについて以下のようにルールが決められています。

食べ物:持ち込み不可(例外あり)

食べ物は持ち込み不可になっています。

お弁当やおにぎり、お菓子といった飲食物の持ち込みは許可されていません。

パーク内で食事をしたい時にはレストランやフードワゴンを利用してくださいねということです。

食べ物で持ち込み可能なもの

一部例外として以下の食べ物の持ち込みは許可されています。

※ベビーフードや小さなお子さまのおやつは持込み可能です

公式サイトHP

レストランで販売されている食事を食べることができないお子様のベビーフード、お子さま用のおやつは持ち込み可能です。

小さい子供連れでパークに出かけるときには安心できますね。

また、食品アレルギーを持っている人は個別に相談することで持ち込みできる場合もあるようですので不安な場合は事前にパークに相談しましょう。

なおパーク内の一部レストランでは低アレルゲンメニューを販売している場所もあります。

飲み物:ビンや缶入りのドリンクやアルコール類等は持ち込み不可

飲み物についてはビンや缶ジュース、アルコール類の飲み物は持ち込み不可になっています。

ビンや缶に限らず近隣のコンビニやカフェの紙カップなども持ち込むことはできません。

飲み物で持ち込み可能なもの

飲み物で持ち込みが許可されているのは以下の2つです。

  • 水筒
  • ペットボトル

※一人500mlまでを1本のみ

水筒をマイボトルとして持ち歩く人も多くなっていますが、水筒も1本でしたら持ち込み可能になっています。

なぜテーマパークでは飲食物の持ち込みができないのか

USJに限らずテーマパーク全体で持ち込みが不可になっているところが非常に多いのはなぜでしょうか。

いくつか理由がありますが、主な理由を紹介します。

飲食売り上げもパークの収入源だから

パークの売り上げは入園料・入館料だけでなく飲食物・お土産・乗り物料金などのすべてです。

パークの中で楽しい時間を過ごすという体験の中に、パーク内で提供される飲食物も含まれています。

パークで長時間過ごすと自然と食事の回数も増える、その食事をパークでしてもらうことでパークの売り上げも上がるということです。

食中毒などのリスク

パーク内に限らず飲食店は食中毒を発生させないように細心の注意を払って営業しています。

もし店舗で食中毒が発生したら、原因究明したり店舗の消毒を行ったりする必要が出てきますしその間も含め営業停止になってしまいます。

それが外から持ち込まれたものだった場合には特定するのが難しくなりますし、管理外のところで発生したにも関わらず営業停止などの被害が発生する可能性があります。

そのため多くの飲食を取り扱う施設では食品類の持ち込みを禁止しています。

飲食物の持ち込みはどこで確認される?

エントランス前のゲート

USJではパーク入園前に手荷物検査があります。

この検査では危険物や飲食物を含めたパークへの持ち込み禁止物を持っていないかがチェックされています。

実際にこの手荷物検査で飲食物持ち込みの注意を受けている場面にも出くわすことがありますので、手荷物検査前には飲食物は処理してしまいましょう。

持ち込めない飲食物を持ってきてしまったら

クッキーを食べるクッキーモンスター

もし持ち込み禁止の飲食物を持ってきてしまった場合には、パーク入園前に食べる・破棄・ロッカーに預けることで対応しましょう。

パーク外のピクニックエリアで飲食可能

ピクニックエリア

USJにはピクニックエリアというエリアがパーク外にあります。

ピクニックエリアはパーキング・バス乗り場方面のゲートをくぐった先にありますので、普段電車を利用する人は見たことが無いかもしれません。

パーキング・バス乗り場方面のゲートから出るとすぐ右手側にピクニックエリアを確認することができます。

こちらのピクニックエリアでは飲食ができるようにテーブルと椅子が用意されていますので、エリア内で自由に飲食が可能になっています。

ピクニックエリア内にはドリンクの自動販売機も設置されています。

ピクニックエリアの自販機

お弁当などを持ってきた場合には、パークの入園列に並ぶ前にこちらのエリアを利用すると良いでしょう。

パラソルが設置されているので多少の日よけにはなりますが、屋外で木々に囲まれているので夏は暑く冬は寒いです。

そして虫もでます。

ピクニックエリアを利用するときには暑さ寒さ対策の必要があるでしょう。

パーク外のロッカーに預ける

USJではパーク外にもロッカーが設置してあり、荷物を預けることができます。

ロッカーは常温保存になっているので、常温保蔵可能な食品はロッカーに預けてしまうという手もあります。

まとめ:ルールとマナーを守って楽しいパーク体験を

今回はUSJの飲食物持ち込みルールについて紹介しました。

細かいルールは他のテーマパークでは異なることもありますので、各テーマパークの持ち込みルールは事前に確認してパークには迷惑をかけないように楽しみたいものです。

一方アレルギーを持っている人など事情がある場合、USJのように相談に乗ってくれるケースもありますので問い合わせしてみることをおすすめします。

USJのパークフードは期間限定のものやキャラクターをモチーフにしたものなど魅力的な商品がいっぱいあります。

また、ゆっくり座って特別な時間を過ごすことができるレストランやバーもありますのでパーク内で販売されている飲食をぜひ楽しんでいただきたいです。

新エリアのスーパーニンテンドーワールドではシェフキノピオが作る料理が自慢の『キノピオカフェ』が大人気!

おすすめメニューも紹介しているのでこちらもぜひ見てみてください。

それでは、楽しいパーク体験を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おのへいをフォローする
いーとりっぷ
タイトルとURLをコピーしました